むしょくとうめいのらくがき

某オタクサークル元妄言兼支離滅裂な思考・発言担当による支離滅裂な思考・発言

らくがき初め

 にゃんぱすー。

 いまさらだけど、自分のブログつくったん!

 

【定期】すまんな。

 

 ……この流れをどこかで見たぞ、というあなた。お久しぶりです。といっても、最後の挨拶をしてから大して時間は経過していないから、そこまで久しぶりではないんですけどね。ただしここでは「いやいや、いきなりなにいってだこいつ」という方が大多数かと存じますので、ご挨拶をさせていただきます。

 

 知幸 虎仁朗(ともゆき コジロー)と申します。

 のんのんびより駅メモ、温泉、併殺打と劇場が好きです。

 

 

「今まで何してたんだ?」(煽り)

 

 この名前は、大学時代の所属サークルや、雑誌への寄稿で使っていたペンネーム及びニックネームでした。正確にはこの名前を使い始めたのは大学3年夏~でして、それ以前にも2作ほど学生運営のフリー雑誌に寄稿したことはあったけど、本格的に創作や趣味についての発信をしていくにあたって、

 もうちょい「それっぽい」ペンネーム欲しい。

 と思い変更、今に至ります。

 以下、極力簡潔におもいでを語っていきます。

 

1.おはなしをかいた(大学4年~)

 もともと文芸作品の創作に興味があり、前述のように学生運営のフリーペーパーに寄稿したり、こっそり短歌をコンクールに出して撃沈したり、めちゃくちゃ長編のノンケ野球小説(なお未完成)を執筆したりしていました。それで()内に記述したように、大学4年からは文藝サークルに入って本格的(?)に創作活動に取り組むようになったわけですが、

「なんで進路決定&卒業へ向けた最後の一年間でサークル増やしたの?ばかなの?」

 と大多数の方が思われるでしょう。ただ、当時の僕にはどうしても必要なステップでした。理由を簡単にまとめるとこうです。

・それまで創作の分野に打ち込みきれておらず、時間が欲しかった

・精神的ダメージがあって、何か立ち直るきっかけが欲しかった

・正直進路どうなってもよかった

・普通に交友があった

・創作分野の人と交流し、刺激が欲しかった

 どうしても「大学生活のなかで」後悔を残したくなくて、最後の一年間だけでも!と思っていました。結果としてこうなったけど充実した時間となったので良かったな、と思うのです。

 当時書いていた作品で「僕の著作権をまだ離れていないと断定できる」ものについては、タイミングを見計らってリメイクしてどこかに投稿しますのでお待ちください。ところで「部誌や外部のフリー雑誌に寄稿した」作品の著作権的な扱いってどうなるんですかね。教えて詳しい人。

 文藝での詳しい思い出は気が向いたら書きます。いいサークルだから入ってね。

 

 2.妄言のかぎりを吐いた(大学3年~)

  ちょうど僕が大学3年になったときに、それまで大学に存在しなかった「オタクサークル」が誕生したので即入部しました。

「なんで進路決定&卒業へ向け(以下略)」

 個人ブログをやろう!と思ったのは、そのオタクサークルの公式ブログに【メンバー執筆】として記事を投稿していたことがきっかけでした。以下、当時僕の書いた記事を貼っておきます。 

tsuru-otaku.hatenablog.jp

  たぶん皆様、

 何の話をしてるんだコイツは?

 と思ったんじゃないでしょうか。ほんとだよね。すみませんでした。

 当ブログの紹介には「元・妄言兼支離滅裂な思考発言担当」とかいう訳の分からんことを書かせてもらっていますが、このサークルで自分でも何を言っているのかわからない記事ばかり書いてきて、いつしか開き直ってこう名乗るようになった、という只の自称です。個人的なサークルのおもいでは上記に添付の記事、全体の特徴なども【活動内容】のタグを参照いただきたいと思います。いいサークルだから入ってね。

 さて、サークルのブログで「自分でも何言ってるかわからない」、特に「それはアニメ・声優の話なのか?」と疑いたくなるような、自分の趣向に合わせた文章を書いてしまったので、

 こういうのは個人のブログでやれ!

 はい。

 という感じで、自分のブログを作ろうと思いました。突っ込みを入れてるのも答えているのも全部自分です。

 きっかけはサークルで「アニメ」「声優」及び関連性のあるコンテンツを取り扱ったことでしたが、このブログではそれ以外でも「野球」「旅行」など、自分の好きなこと・興味のあることについて書いていければな、と思っています。

 

 

 大学時代は何度か地獄を見ては動物園のアザラシになりたいとか桂川に落ちたいだとか考えたこともありましたが、こんな風に適当にたのしく充実した時間も過ごしていました。

 そして現在も無事地球の迷い子となり果ててしまったわけで、さて三途の川はどうやったら渡れるかとか僕の残骸ってそのへんに適当に廃棄できないのかなとか考える毎日です。ただ、気の向く限りは生きて、こうして訳の分からないことを書いていきたいと思います。

 

あとがきのようなもの

 

 楽しんでいただけたかな?

 といっても今回は初回のごあいさつなので、楽しむも何もないと思います。次回以降乞うご期待。

 ただし以下、読んでくださる皆様にあらかじめご了承いただきたいことがあります。

 

1.一貫性を欠くかもしれません

「かもしれません」は嘘です。確実に欠きます。

 当ブログは僕の趣味・興味を、ただ書き連ねるだけのものです。まあ流石に「見出し」の単位で話が右往左往することは避けますが、同一記事内での話題の混在は普通にあり得ると思ってください。

 また「過去の記事と食い違っている」と感じられることがあるかもしれません。僕の発言は基本的に「その時はそう思っただけで別に今はそうでもありません、ゴメン」と捉えてください。ただ「別に僕は責任取れません」とは流石に言わないので、極力気を付けて書いていく所存です。

 

2.一部の方を不快にさせるような表現を含むかもしれません

 具体的に言うと「お前」でしょうか。←こういうとこやぞ!

 先ほどの「一貫性」に関することもそうですが、表現自体が不適切な場合、そもそもにおいて扱っている内容が不快感を与える場合があるかと思われます。

 無視してください。

 お願いだから無視してください。

 この記事は僕の主観にのみ基づく、ほぼ感想でしかない発言です。僕も良識の範囲内での執筆は試みているつもりですが、一方では主観でのみ発言していることから視野が及ばないことも想定されます。その時は申し訳ありません。

 またこの記事の内容は僕の趣味・興味が99.9%なので、「野球(自身のプレー、観戦、関係施設等含む)」「アニメ」「漫画」「小説(自身の創作行為含む)」「駅メモ」「鉄道」「温泉」「旅行」という観点で執筆します。したがって、これらに興味がない!という方が見るのは苦痛だと思うので推奨できません。当ブログではカテゴリ分け等工夫し、閲覧がしやすいように整えてまいります。

 付け加えておくと、人と人とはわかりあえないものだと思うのです。世間の騒動を受けて、そう感じました。

 

3.あんまり期待しないでください

 はい。

 そんな何を期待しているんだ逆に。

 一番あるのが「長いわりに内容が大したことない」パターンだと思うのでやっぱり推奨できません。開設して早々に何を言ってるんだろうって自分でも思いますが、まあ暇つぶしくらいにはなれればいいな、とは思います。

 また冗談抜きに「気が向いた」時にしか書かないので更新頻度もバラバラになります。

 善処はしますが、過度な期待は本当にやめてください。

 

 

 こんなところでしょうか。長々と失礼いたしました。

 明日も不透明なご時世ですが、冷静に、何が本当に自分のためになるかを取捨選択していかなくてはなりませんね。

 

 今後ともご贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。